読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デイトレードで3人の子供を育てる

80万を元手にデイトレしています(月末出金 月初80万スタート)少しでも投資額が少ない方の参考になれば幸いです。



Sponsored LINK



場の空気を読んでみる

エントリーポイントはどういう風に決めているのですか?

 

このような趣旨のご質問をいただいた時の

私の回答が以下の通りです。

 

エントリーは抽象的で申し訳ないのですが、

板を見て雰囲気でいけそうだと感じたときに

行います。こればかりは人それぞれのやり方

があると思いますので、試行錯誤していく中

で確立されていくのではないかと思います。

的確なお答えができなくてすみません。

ただ、損切りの徹底は絶対だと思います。

なんとも逃げ腰な回答で、結局最後は

損切徹底していればなんとかなるよ

と、完全に回答していないのと変わりません。

 

今後も同じ趣旨のご質問をいただいた時は、

このような回答になってしまうと思いますが、

「雰囲気」という言葉を自分も正に雰囲気で

使ってしまっていたので、具体的にしたいと思います。

 

 

どうやら私は「雰囲気」という言葉を

「場の空気」という意味で使っていたようです。

 

「場の空気を読む」ということは

社会生活を円滑に営む上で重要だと思いますが、

株式市場でも「場の空気を読む」ことは

利益を上げるうえで重要なことだと思います。

 

では「場の空気を読む」とはどういうことでしょうか?

架空の銘柄の値動きを想定して

板状況がどう変化したら、どうのように行動するか

考えてみたいと思います。

 

500円から510円のレンジで動いている。

こんな時私は「場の空気を読ん」で501円に

買指値を入れて、約定したら509円に売指値を

入れたくなります。

 

しばらくそのレンジで動いていたが

505円に大きな買い板が入った

こんな時私は「場の空気を読ん」で

510円をブレークすることを予想して

510円より上に買指値を入れて

積極的に買いに行きたくなります。

 

その後予想通り510円をブレークして

525円で利確した後、今度は

530円から540円のもみ合い後

535円に大きな買い板が入った

もちろん「場の空気を読ん」で

540円より上を積極的に買いに行きたくなります。

 

しかし、540円はブレークしたものの

510円をブレークした時に比べて

上昇ピッチが遅い

こんな時私は「場の空気を読ん」で

そろそろ上げも終わるのかな?と考えて

薄利でも確実に利益確定の売りを入れたくなります。

 

とまあ、こんな分かりやすい板状況は

なかなかありませんが、

具体的に「場の空気を読む」と

こういう感じで私は行動すると思います。

 

休日にご覧いただきありがとうございます。

最後にクリックいただけると嬉しいです!!